交響曲 第9番 「合唱」

Add: tisyruw88 - Date: 2020-12-14 20:40:10 - Views: 9053 - Clicks: 1772

125 〝合唱付〟 Beethoven : Symphony no. 交響曲第9番「合唱付き」はベートーヴェンが1824年に作曲した最後の交響曲です。 ベートーヴェンがシラーの詩『歓喜に寄す』に曲をつける構想を思いついたのは、ずいぶん若い時のようですが、実際に本格的な作曲作業に着手したのは1815〜1817年ごろのようです。 前半の3楽章と比べても長大な終楽章には4人の独唱と大規模な混声合唱を加え、多彩な打楽器を使用するなど革新的な試みも行われ、後の作曲家にも大きな影響を与えることになりました。 ベートーヴェンの交響曲の中でも傑作と言われる本作品ですが、こうした試みは当時の聴衆には斬新過ぎたのかあまり演奏される機会は多くなかったようです。 一つの理由としてベートーヴェンの求めた音楽に当時の演奏者たちの技術が追い付いていなかったことも挙げられています。 しかし、こうした過少評価はベートーヴェンが影響を与えたワーグナーなどの後世の作曲家たちによって見直されることとなり、今日の傑作との評価を得るに至ります。 日本では12月に演奏されることが多く、今日ではすっかり年末の風物詩となりました。. ベートーヴェン:交響曲 第9番 二短調 op. Diesen Kuss der ganzen Welt!

. ☆ 一楽章、録音が非常に悪いです。音が左右を行ったり来たりするので、音楽を聴くというような状態ではありません。 ライブ録音だし、録音年代からしても、非常に期待して聞いたのですが・・・・・・。 二楽章、かなり古めかしい音ですが、音が左右行ったり来たりは減ってきました。ブツッと言う何かのジャックを差し込むような音がしてから、音質が少し良くなった気がします。 あ、やっぱりダメだ! 木管の綺麗なタンギングが揃った音やティンパニの良い音もところどころ聴けますが、ほとんど霧の中です。 音が良くなったり悪くなったり・・・・・・・。 三楽章、わりと速めのテンポ設定で進みます。 四楽章、客席で録音したのだろうか。この楽章も速めです。トランペットの音もザラザラしていて、ウィーンpoの演奏だとは思えません。 最後は強烈なプレスティッシーヴォでした。 全体に速いテンポで押し通した演奏で、80年の録音とは全く違う演奏だったと思います。 後でナレーションが入ったので、FMのエアチェックだったのですね。 かなり電波の状態が悪かったのか・・・・・・。. O Freunde, nicht diese Töne! Ja, wer auch nur eine Seele Sein nennt auf dem Erdenrund! Such&39; ihn über&39;m Sternenzelt!

★ 一楽章、注意深いで出しでした。作品への思いを伝えようとしているのが分かります。 カラヤンの演奏が、ただ音を並べただけのような演奏だっただけに、この演奏が何かをしようとしているのが、好感が持てます。 伸びやかな良い録音ですが、音の密度が薄い。何かを伝えようと指揮者はしていますが、オケを奮い立たせるまでには至っていないような感じがします。 やはり演奏がどことなく緩いです。 カラヤンが音を並べただけと書きましたが、音楽は一瞬たりとも弛緩しませんでしたし、オケを完璧にコントロールしていましたから、カラヤンの演奏に比べると、指揮者の格の違いが如実に出てしまいます。 最初は期待したのですが、やはり音楽が弛緩してしまっています。聞き手をグッと引き寄せる力がありません。 二楽章、かなりレベルの高いアマオケが練習しているような、タイミング合わせのような感じです。 この全集は指揮者もいろいろなので、統一感がないのは仕方がありませんが、「英雄」ではそんなに悪くは感じなかったのですが・・・・・・。 ティンパニがミュートしすぎたような音で、釜の音がしていません。枕でも叩いたような音です。 三楽章、奏者の気持ちが一点に集中していないので、音が寄ってきません。散漫な音がしています。 テンポも動くのですが、動かす必然性を感じないです。木管楽器のブレスも音楽を途切れさせても平気なような雑さが気になります。 テンポは速めにすすみます。これ以上遅くすると、収拾がつかなくなるのでしょう。 音符の扱いも楽譜に書いてないこともいろいろやっているようで、とても不自然です。 四楽章、・・・・・・・・・・・・・・・・。全集で1,500円もしなかったので、良いんですけど、生で聴いていたら腹が立ったでしょうね。 意味が無く音が通り過ぎて行くようで、いろんなことをしているのですが、それに一貫性がなくて、さっぱり分からない演奏でした。. 交響曲 第9番 ニ短調 作品125《合唱》: 第1楽章: Allegro ma non troppo un poco maestoso. See full list on vivaclassicalmusic. ベートーヴェン:交響曲第9番《合唱》 アンネ・シュヴァーネヴィルムス, バーバラ・ディヴァー, ポール・グローヴズ, フランツ・ハヴラタ, 東京オペラシンガーズ, サイトウ・キネン・オーケストラ, 小澤征爾. Seid umschlungen, Millionen! 交響曲 第9番 ニ短調 作品125≪合唱≫ 第1楽章: Allegro ma non troppo, un poco maestoso 00:17:16 録音:Live. ベートーヴェン交響曲第9番「合唱」グンドゥラ・ヤノヴィッツ(S)アンナ・レイノルズ(A)ヴェルナー・ホルヴェーク(T)ワルター・ベリー.

『エリーゼのために』、『交響曲第9番』、『ピアノソナタ第8番 悲愴』など、ベートーヴェンの有名な曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴. Ihr stürzt 交響曲 第9番 「合唱」 nieder, Millionen? ベートーヴェンの「交響曲第9番」、通称「第九」は年末になると日本全国で演奏されます。 プロの演奏家にとってだけではなく、アマチュアのオーケストラ・合唱団にとっても第九の「歓喜の歌」. 交響曲 第9番 ニ短調 作品125 ≪合唱≫ 第3楽章:Adagio molto e cantabile 00:19:47 録音:Studio. See full list on tsvocalschool.

4日連続でお送りしてきた「交響曲第9番ニ短調《合唱付き》」。最終日の今日は、フィナーレの第4楽章です。 合唱を含む大作のため、声楽とオーケストラの合同練習など、通常の数倍の入念なリハーサルが行なわれ、遅れに遅れた初演。. 歓喜の歌(喜びの歌) 合唱の歌詞と意味 ドイツ語の読み方. ★☆ 一楽章、強いニュアンスは付けられていない冒頭。力強さも感じない第一主題。あまり大きく歌うことのない第二主題。頑なにインテンポで、間が悪く感じる部分もあります。ティンパニのクレッシェンドもあまり激しくは無く、感情の起伏はあまり表現していないようです。強い表現は無く、緩やかな演奏で淡々としています。コーダの前でテンポが遅くなりました。 二楽章、刻みつけられるような深い彫りあまり無く、なだらかな変化で過ぎて行きます。 三楽章、深い表現が無い分、穏やかな安堵感があります。cantabileはほとんど感じません。無造作に演奏されている感じで、聞いていて引き込まれません。速めのテンポでどんどん進みます。この楽章では少しテンポが動いています。 四楽章、ティンパニは強打しますが、柔らかく激しさはあまり無い冒頭。レチタィーヴォも柔らかいです。低弦で提示される歓喜の主題はかなり存在感のある演奏でした。トランペットが出るあたりでは少しテンポが速くなっています。合唱が若干遅れて響きます。フェルマーターで楽譜通りティンパニはデクレッシェンドしました。オケと男声合唱のアンサンブルがたまに乱れます。テンポを大きく落とす部分もありましたが、表現が深まる感じはありません。Prestissimoもさほど速くは無く、アッチェレランドも無く終わりました。 あまり深い表現も無く、緩やかに穏やかに演奏されました。消え入るような弱音も無い代わりに爆発するようなトゥッティもありませんでした。主張の感じられない演奏は残念でした。 このリンクをクリックすると動画再生できます。. さて、ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」、名盤の紹介と解説はいかがでしたか? さまざまな「イイ話」を紹介してきました。 でも、ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」が、たくさんの「イイ話」が生まれるくらいの名曲であるという言い方も、できるのではないでしょうか。 年末にベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」を聴くなんてもう古い. カラヤンの遺産ベートーヴェン:交響曲第9番『合唱』その卓越した音楽性とカリスマ性. See full list on percussionist.

全席指定 s席:8,000円 a席:7,000円 b席:6,000円 メンバーズ倶楽部会員 メンバーズ倶楽部とは? 全席指定 s席:7,000円 a席:6,000円 b席:5,000円 特. かもしれません。 でも、こんな「先が見えない不安な時代」だからこそ、古くて、新しい価値を含んでいるとも言えるベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」を聴くのも、中々いいものではないかなと思うのです。 そんなわけで. . ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」の有名な歌はドイツの詩人シラーの「歓喜に寄す」という詩が使われています。 そのことについて、こんな解説があります。 このシラーの詩「歓喜に寄す」の冒頭の訳を引用します。 なんとも高貴な精神を謳(うた)っています。 解説にありますが、この詩に曲をつけようと決心し、それが実現するまでにベートーヴェンは、実に40年の歳月を重ねています。 その間、多くの名曲を生み出しつつ、構想を暖めつづけたところが、ベートーヴェンの偉大なところですね。 ベートーベンは、交響曲第9番「合唱」の初演(作曲後初めて演奏されること)の際、難聴の障害により、ほとんど耳が聴こえず、別の指揮者が音楽を進行していたそうです。. 4日間連続で紹介している「交響曲第9番ニ短調《合唱付き》」。今日は第3楽章とともに、初演までの道のりを見てみましょう。 作曲も大詰めに差し掛かると、「筆談帳」には初演の日程や、会場、出演者の話題もあがるようになります。.

「歓喜のメロディー」は、交響曲第9番以前の作品である1808年の『合唱幻想曲』作品80と、1810年のゲーテの詩による歌曲『絵の描かれたリボンで Mit einem gemalten Band』作品83-3においてその原型が見られる。. Wem der große Wurf gelungen, Eines Freundes Freund zu sein, Wer ein holdes Weib errungen, Mische seinen Jubel ein! Froh, wie seine Sonnen fliegen Durch des Himmels prächt&39;gen Plan, Laufet, Brüder, eure Bahn, Freudig, wie ein Held zum Siegen. 交響曲 第9番 ニ短調 作品125≪合唱≫ 第1楽章:Allegro ma non troppo,un poco maestoso 2. 交響曲第9番『合唱』 ブルーノ・ワルター&コロンビア交響楽団(平林直哉復刻) - ベートーヴェン()のページをご覧の皆様へ HMV&BOOKS onlineは、本・CD・DVD・ブルーレイはもちろん、各種グッズやアクセサリーまで通販ができるオンラインショップです。.

Himmlische, dein Heiligtum! 0:15:19 ¥1,302. 指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤンベルリンフィルハーモニー管弦楽団グンドゥラ・ヤノヴィッツ(ソプラノ)ヒルデ・レッセル=マイダン. 最後にベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」にまつわるエピソードをもうひとつ。 1940年代の後半、日本では、戦後ということもあって、オーケストラの収入がなかなか得られない時代でした。 その楽団員や、合唱団に所属する人たちは、その年を超す収入も確保出来ずに苦労していました。 そこで、人気の高いベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」を年末に演奏することを恒例にすることによって、楽団員や、また合唱団も収入が期待できて、年末年始を過ごしやすくなる。 そんな思惑があって、年末には日本の各地で、ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」が演奏されることになったのですね。 このことによって、楽団員や合唱団の方たちは、年を重ねるごとに、おせち料理やお雑煮が、だんだんと食卓にのぼっていったことが想像できます。 いろいろな意味で、このベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」は『歓喜』なのですよね〜♬.

Brüder, über&39;m Sternenzelt Muß ein lieber Vater wohnen. 交響曲第9番『合唱』 ヴィルヘルム・フルトヴェングラー&バイロイト(1951)(平林直哉復刻 年リマスター) - ベートーヴェン()のページをご覧の皆様へ. ベートーヴェン:交響曲 第9番 ニ短調 作品125《合唱》 1 第1楽章:ALLEGRO MA NON TROPPO, UN POCO MAESTOSO Ahnest du den Schöpfer, Welt? Martin Haselbock & Orchester Wiener Akademie. More 交響曲 第9番 「合唱」 videos. 125 )是 貝多芬 於1818至1824年間創作的四 樂章 交響曲 ,也是他完成的最後一部交響曲。. 末樂章的歌詞由德國詩人 弗里德里希. Küsse gab sie uns und Reben, Einen Freund, geprüft im Tod; Wollust ward dem Wurm gegeben, und der Cherub steht vor Gott.

☆ いかに名盤であろうとも、脳内アナログリマスターが出来ない私にとっては、このあたりの年代の録音を聞くのは、ある意味恐怖なのであります・・・・・・・・。 今回は友人が推薦するので仕方なく・・・・・・。脳内アナログリマスターがないのは、アルコールの分解酵素を持っていない人と同じで、訓練してもダメなんです。 一楽章、チリチリとノイズに混じって、遠くに音楽が聞こえる感じです。 テンポは冒頭からかなり動きます。オケが近付いたり遠のいたりするような変な感覚なのですが・・・・・・。 ティンパニのクレッシェンドはかなり激しくやっているようなのですが、私には雑音としか思えない。 テンポの動きはすごくあるので、現場にいた人にとっては、もの凄く劇的な演奏であったと想像はできるのですが、私自身があたかもそこにいたかのような体験は残念ながらできません。 ティンパニのffがあると、ほとんどティンパニしか聞こえないのです。私の耳には・・・・・・。 二楽章、遅い開始。ティンパニのタメが良い間です。 三楽章、ワウ・フラッターもあって、弦の音程がすごく変です。やはり、私には補正回路がないので、この楽章を聞くのは苦しいです。 まあ、何とか1950年代の録音なら聞けますが、さすがに40年代以前になると、相当な思い入れがないと聞けないと思いました。 残念ながら、ここでリタイアさせていただきますm(_ _)m. 〈第九〉 ベートーヴェン:交響曲第9番 ニ短調 作品125「合唱付き」 チケット: 料金. nhk fm生放送を録音しました、この放送を聞いた当時の感動が蘇ります。ティアックのオープンリールテープデッキで録音しましたがテープは、父. 125 〝Choral〟 演奏:マルティン・ハーゼルベック指揮ウィーン・アカデミー管弦楽団. 【輸入盤】交響曲第9番『合唱』、合唱幻想曲 パブロ・エラス=カサド&フライブルク・バロック・オーケストラ、クリスティアン・ベズイデンホウト - ベートーヴェン() - cdの購入は楽天ブックスで。. See full list on worldfolksong. ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」にまつわるいい話を題材にした映画ですね。 ドイツ兵を捕虜にとりながら、その捕虜にたいしては自由と人権を尊重した日本人将校のお話しです。 この映画でドイツ人たちが、ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」を演奏するシーンがありますが、これが日本国内での「初演」になります。 ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」を聴く機会がなかったら、こんな映画で触れてみてもいいかもです〜♬ ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」にまつわるいい話を題材にした映画ですね。 ドイツ兵を捕虜にとりながら、その捕虜にたいしては自由と人権を尊重した日本人将校のお話しです。 この映画でドイツ人たちがベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」を演奏するシーンがありますが、これが日本国内での「初演」になります。 ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」を聴く機会がなかったら、こんな映画で触れてみてもいいかもです〜♬.

Freude, schöner Götterfunken, Tochter aus Elysium Wir betreten feuertrunken. 第1楽章 冒頭の弦楽器の旋律は霧の中から何かが姿を現すような劇的な印象を受けます。ベートーヴェンの他の交響曲でも見られるようにこのドラマティックな弦楽器の旋律は第1楽章中、楽器を変え、形を変えながら何度も姿を現します。 曲想は重々しく、やや悲愴感も漂いドラマティックな展開を見せます。 第2楽章(19:40) スケルツォと呼ばれる舞踏的な性格を持つ楽章です。弦楽器と木管楽器が細かく刻むリズムに乗って踊るような旋律が演奏されます。 時々、驚かせるように現れるティンパニも印象的です。 第3楽章(35:40) 弦楽器の静かで穏やかな曲想が印象的な楽章です。美しいのはもちろんですが、個人的にはその中にもベートーヴェンらしい内省的な雰囲気を感じるところが好きです。 他の作曲家なら高揚しきってしまうような旋律もベートーヴェンは適度に抑制しているかのようで、それがかえって心に染みます。 圧倒的な終楽章とのコントラストも見事です。 第4楽章(52:13) 弦楽器がかき鳴らす劇的な冒頭に続き、それまでの楽章の旋律の断片が現れます。 次に聴こえてくるのは冒頭のダイジェストでも紹介した有名な「歓喜の歌」の断片。 そして低弦楽器によって「歓喜の歌」が静かに歌われると木管楽器や他の弦楽器も加わり徐々に発展していき、金管楽器も加わるとオーケストラ全体が朗々と旋律を奏でます。 曲調は劇的に一変し激しくなると静寂と共にバリトンの独唱が始まり、合唱が加わります。(59:13) 独唱には他の三声部も加わり最後は行進曲風に展開し圧倒的なフィナーレを迎えます。. 【曲目】 ベートーヴェン:交響曲第9番 ニ短調 Op. Freude trinken alle Wesen An den Brüsten der Natur; Alle Guten, alle Bösen Folgen ihrer Rosenspur. ★☆ 一楽章、ジーっと言うノイズがあります。あまり倍音を捉えていないような録音です。ムーティの大きい身振りの指揮に比べて音楽の振幅があまり大きくないような感じです。録音状態があまり良くないので、細部は分かりませんが、あまり大きな表現は無く、作品のありのままを表現しているようです。ティンパニのクレッシェンドの直前にテンポを落としました。 二楽章、柔らかいティンパニ。録音状態の問題なのか、特筆するような表現は感じません。音がブツブツと途切れたりすることもあります。 三楽章、この楽章でも特に目立った表現は無く淡々と進んで行きます。 四楽章、フィルターを介して聞いているようなマイルドな冒頭。二楽章の回想は生き生きとしていました。歌うオーボエ。歪っぽい合唱。行進曲のピッコロは控えめで少しさびしい感じでした。盛大な歓喜の合唱ですが、やはり歪っぽいです。Prestissimoは速いテンポをさらに追い込んで終わりました。 合唱は人数も多く壮大な歌でしたが、録音が悪く細部の表現は判断できません。 このリンクをクリックすると動画再生できます。. 5センチ(60分)にするかで揉めていたそうです。 この時、判断の決め手になったのは、当時のCBS・ソニーレコード株式会社社長、大賀典雄氏の 「CDが12センチ(最大75分)でないとベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」が1枚で入りきらない。」 というひとことで決まったそうで、なんとも驚くべきエピソードですね。 (また、最大75分なら、クラシック音楽の95%以上の曲が1枚で入るという意見も反映されました。). 余談だが、ベートーヴェンの死後、毛髪から通常の100倍近い鉛(なまり)が検出された。ベートーヴェンはワインの愛好家だったようだが、当時のワインには酢酸塩を含んだ甘味料が用いられ、この過剰摂取による「鉛中毒」が、その後の難聴や持病(腹痛・下痢等)を引き起こしたのではないかと推測されている。 ちなみに交響詩「モルダウ」(連作交響詩「我が祖国」より第2曲)の作曲者として有名なベドルジハ・スメタナ(B. 「歓喜の歌」として親しまれる終楽章の主題はとても荘厳かつ壮大で宗教的な雰囲気さえ漂います。 まずは終楽章からこの「歓喜の歌」をダイジェストで聴いてみましょう! サイモン・ラトル指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 この有名な「歓喜の歌」はドイツの詩人、フリードリヒ・フォン・シラーの詩「歓喜に寄す」が元になっています。 上のダイジェスト動画の部分の日本語訳は次のような感じです。 ベルリン・フィルのyou tube公式チャンネルにカラヤンのリハーサルの様子がアップされていましたのでご紹介します。 カラヤンの指揮姿はいつも気高い雰囲気に包まれていて抜群のカリスマ性を感じます。 カラヤン指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 こちらは本番での様子。(Euro Arts Channelより) ※「動画を再生できません」とエラーメッセージが表示されます。 「YouTubeで見る」をクリックしていただくとリンク先で動画が再生できます。 カラヤン指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団.

【曲目】 ベートーヴェン: 交響曲 第9番 ニ短調 作品125 「合唱」 【演奏】 マリ・アン・ヘッガンダー(ソプラノ)、アルフレーダ・ホジソン. Deine Zauber binden wieder, Was die Mode streng geteilt; Alle Menschen werden Brüder, Wo dein sanfter Flügel weilt. ベートーヴェン 交響曲第9番「合唱」 第4楽章 歌詞対訳 <冒頭Bassレチタティーヴォ> ベートーヴェン自身の詞 O Freunde, nicht diese Töne!

ベートーヴェン:交響曲第9番『合唱』、ピアノ協奏曲第5番『皇帝』ヴォルフガング・. ★ 一楽章、割と大き目の音で速いテンポで入りました。腰高で速い第一主題。速いテンポがテンポの動きと一体感が無く、バラバラに感じます。オケもこのテンポに戸惑っているような感じを受けます。とにかく落ち着かない演奏です。 二楽章、この楽章も速いですが、元々速いテンポの楽章なので、そんなに違和感はありませんが、音楽が繋がらない感じがあって、どうもしっくりきません。音の処理やバランスなど独自のアプローチをしているのだと思うのですが、あまりにも奇抜で、付いて行けません。 三楽章、速めですが、瑞々しい演奏です。フレーズ感が独特です。これまでの伝統様式にはとらわれない独自の表現です。少し速めと言う程度から始まった演奏ですが、次第にテンポが速くなって、かなり急いだ演奏になりました。 四楽章、トランペットが強く響く冒頭。テンポが速いのレチタティーヴォも激しいです。流れるようにつながっていく歓喜の主題。バリトン独唱は豊かな残響を伴って伸びやかです。オケも合唱も音を短く切る部分があって、少し違和感があります。行進曲は物凄い速さです。歓喜の合唱も凄い勢いです。テンポを落としてところは落ち着きがあってなかなか良いのですが、速い部分があまりにも速すぎて、十分な表現が出来ていないような感じがします。歓喜の合唱以降はかなりテンポを落としてじっくりと演奏しています。Prestissimoは畳み掛けるように終わりました。 テンポ設定や音符の扱い、表現など独特のもので、今までの伝統様式とは大きく違った演奏で、かなり戸惑いました。音を短めに演奏する部分などはちょっと雑な印象も受けました。 このリンクをクリックすると動画再生できます。. 9 in D minor, op. ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」には数多くの名盤が存在します。 これらの演奏を聴く際、ベートーヴェンが、楽譜に書き込んだ、「苦悩」や、「激動」の心情。それを超えて、歓喜にいたる過程をどのように表現するかが、大切になってきそうですね。 そして、基本的には大きな2つの表現方法があるように思います。 ①それを上から眺め、冷静に楽譜を読み込み、そして、透徹(とうてつー透き通り、澄んでいること)した目で見て、表現するか。 ②あるいは、深く共感をし、寄りそい、慈愛の思いを暖かさをもって表現するか。 このあたりになるかもしれません。. 『ひとつの曲で、 たくさんな、楽しみが満喫できる。 それが、クラシック音楽の、醍醐味ですよね。』 今回は以上になります。 最後までお読みいただきありがとうございました。 ↓ベートーヴェンの有名曲はコチラ www.

Sondern laßt uns angenehmere anstimmen und freudenvollere. 該作品是 古典音樂 中最為人所熟知的作品之一。. 9 in 交響曲 第9番 「合唱」 D minor, Op. See full list on alpacablog.

交響曲 第9番 「合唱」

email: ivecipo@gmail.com - phone:(159) 130-3443 x 4193

BEST HITS 52 MEGAMIX Mixed by DJ FUMI★YEAH! & DJ YU-KI - ULTIMATE GARAGE

-> 甦る昭和歌謡 平尾昌晃 ベスト10
-> ベートーヴェンケ

交響曲 第9番 「合唱」 - Compilation Loose Staying


Sitemap 1

ライブ~青春ファンタジー - 神々の森のケチャ バリ島シンガパドゥ村の呪的合唱劇